突然の機械停止を防ぐために! CPU内蔵メモリ取り替え(Professional5)

CPU内蔵メモリ取り替えとは?

CPU内蔵メモリ(コンパクトフラッシュ)は、制御装置に内蔵されたメモリであり、

機械を稼働させるために必要なシステムやパラメータなどのデータが保存されています。

重要なデータが保存されたCPU内蔵メモリの突然故障に備えるため
マキノでは定期的な交換を推奨します。

TOPICS「CPU内蔵メモリ破損の怖さ」はこちら

CPU内蔵メモリ 交換の推奨タイミング

機械納入時から、7~8年目を目安にCPU内臓メモリの交換をおすすめしています。
※CPU内蔵メモリ破損による機械障害が9~11年目にかけて急増傾向にあります。

機械使用年数に対するCPU内蔵メモリ交換実績

CPU内蔵メモリ 交換のメリット

MERIT 1

機械が安定して起動する
安全起動のイメージ

MERIT 2

データ・プログラムの消失を
未然に防げる
データ・プログラムの消失を未然に防げるのイメージ

対象機種

全機種(制御装置:Professional 5)

価格

通常価格 ¥104,500-

※作業費・交通費含む
マキノマシンケアパッケージ パーソナライズ点検ご加入のお客様には、特別価格でご提供いたします。

お見積りやご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

TOPICS

ご存じでしたか? CPU内蔵メモリ 破損の怖さ

壊れる予兆がない
ダイアログ表示

CPU内蔵メモリには寿命があり、予兆なく破損する場合がほとんどです。

電源投入時にこのダイアログが表示される場合はCPU内蔵メモリが破損しています。

機械が起動しなくなる

CPU内蔵メモリが破損すると、機械が起動しなくなる等の機械障害に繋がります。

一度機械が起動しなくなると暫定処置も出来なくなるため、復旧までに多くの時間を要することになります。

データやプログラムが消失する

CPU内蔵メモリには機械稼働に必要なシステム、パラメータ、プログラムといったデータが保存されています。

そのため破損すると、機械停止だけでなく、今までお使いいただいていたデータやプログラムが消失してしまう可能性があります。

CPU内部メモリの破損は、突然の機械停止・機械障害に繋がります。

突然破損する前にCPU内蔵メモリの交換を推奨します。

お見積りやご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

ページTOPへ