ワイヤ放電加工機 アーム蛇腹交換パッケージ

アーム蛇腹の役割

ワイヤ放電加工機の加工槽内には、使用済みワイヤを回収するアームがあります。
アーム全体が蛇腹状のゴム製蛇腹状カバーでおおわれ、加工液が加工槽から漏れない構造になっています。

破損の原因

経年劣化

スラッジが堆積して擦れたり、ワークが落下した衝撃で、アーム蛇腹は破損してしまいます。
ゴム製であるため、経年劣化も原因となりますが、このようなアクシデントがアーム蛇腹の主な要因です。
アーム蛇腹の状態を確認し、破れそうになっているところがあれば、早めに交換することが大切です。

      経年劣化により、破れてしまったアーム蛇腹 →

アーム蛇腹が破損すると...

アーム蛇腹が破損すると、加工液が機内外に漏れ出てしまい、加工液を加工槽に溜めておくことができなくなってしまいます。
その結果、加工がストップしてしまうだけでなく、工場内を水浸しにしてしまう恐れもあります。

破れの無いアーム蛇腹で、安定した生産を

日常的な状態確認と、破損を確認した際の早めの交換を行うことで、被害を最小限に抑えることができます。
アーム蛇腹の状態確認を含む点検をプロにお任せしたい場合は、マキノマシンケアパッケージパーソナライズ点検をご検討ください。

対象機種・価格

機種 価格
W32FB, U32j, UP32j, W53FB, U53j(Tj), UP53j, UPV-3/5 ¥145,000
U3(H.E.A.T), U6(H.E.A.T) ¥165,000
SP43, SP64, DUO43, DUO64 ¥200,000
U32, U32i, U32K, U53, U53i, U53K, EU64 ¥235,000

※作業費・交通費含む

お見積りやご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

ページTOPへ